AZ TOP写真.jpg

   WEISS最新製品を中心にハイエンド/パーソナル・コンピュータ・オーディオをご紹介いたします


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●使いこなし・1 USBメモリ音源の再生
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●使いこなし・2 DSD音源のアートワーク編集
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●使いこなし・3 外部クロック接続の設定
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●使いこなし・4 アートワークの入れ替え
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●使いこなし・5 メタデータ(曲名)の自動入力
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●使いこなし・6 ストリーミング配信ウェブサイトの聴取

●使いこなし・5 メタデータ(曲名)の自動入力

1. 曲名リストの確認

 MAN301DSDでCDをリッピングすれば、大抵の場合は自動的にネット検索されメタデータ編集が完了しますが、手持ちのデータ中にはメタデータが不完全なものがある場合もあります。そこでここでは、アーティスト名・アルバム名のみがタグ付けされていても、曲名が入っていない場合のメタデータの簡単な編集方法を紹介します。

 まず曲名が入っていないアルバムをプレイリストに入れたら、リストの左下の「」をタップします。するとアルバムの小さなアイコンの左側にチェック欄が出ます。

メタデータ01.jpgメタデータ02.jpg

2. Tag Editor 画面に切り替え

 該当するアルバムに「」を入れ中央・右の「」をタップして下さい。するとポップアップ・ボタン「Edit Tags」が現れます。これをタップするとTag Editor画面に切り替わります。

メタデータ03.jpgメタデータ04.jpg

3. メタデータ(曲名)の選定

 Tag Editor画面に切り替わったばかりの状態では、まだ全部の曲名が「No Title」のままです。そこで中央の黒い帯の部分の左端の「>」をタップして下さい。ネット上のデータベース「Gracenote」から曲名の候補が検索されて、自動的に曲名欄に入力されます。

メタデータ05.jpgメタデータ06.jpg

 ここでは「Candidate 1/2 : Gracenote (Tags)」とありますので、二つの候補がある事が分かります。「<」「>」で最適なデータを選んだら、中央の黒い部分の右側にあるボタン「Apply Candidate」をタップして下さい。

 もし最適な候補がない場合には、曲名欄にカーソルを持って行くと画面にソフトウエア・キーボードが現れますので、手動で一曲ずつ入力して下さい。
 
 

4. メタデータ編修完了

 「Apply Candidate」をタップすると、文字の色が変わります。この内容で良ければ、画面右上の「Save」をタップします。すると再生画面に戻ります。曲名がタグ付けされたかどうか確認して下さい。


メタデータ07.jpgメタデータ08.jpg

 
 このようにMAN301DSDはメタデータ編集が大変簡単です。MAN301DSD単体でもネット上のデータベースからさまざまなメタデータを検索することが可能なので、リッピング後にメタデータの内容を変更したい時には、いつでも簡単に編集ができます。これは他のネットワークオーディオ機器に比較しても、特筆すべき機能です。